2017年04月14日

2014.07.18(金)(10)駒野出張所を制覇

 いまから行くのは、本日2店目の有人店舗、南濃支店駒野出張所である。駅前通り最初の交差点を右に曲がった奥にあるハズだ。
 駅前の道路は、センターラインを引いていないけれども、車の離合はできる程度の道幅である。駅から北に向かって若干の下り坂になっているのが、少し気がかりであった。地形の起伏が結構あるようだと、自転車を使った今日の計画は、途中で考え直す必要が出るかも知れない。
 商業としては、駅前にタクシー会社と喫茶店が1軒ずつ。タクシー屋さんは、昭和40年代の築とおぼしきコンクリート建築の母屋で、前面に深い丸屋根を付けている。それから、公文式の教室が1軒あった。古い商店建築で、昭和初期の竣工だろうか。羽目板の部分にトタンを張って補強してあり、道路に面した部分は公文式の水色の看板に合わせて水色のペンキで塗りつぶしている。「緊急のお知らせ」という掲示が目についた。公文式は塾の開塾日程があらかじめ決まっているらしく、それが急に変更になったとかで張り出しているのだが、その理由として「遠方の教室見学がキャンセルになった」と書いてあった。教室見学というのは講師のためのものだと思うが、決められた授業を休講にするのは生徒に迷惑をかけないのだろうか。もっとも、講師が信頼を集めていれば「しょうがねえな先生」と生徒の側が苦笑するだけで済んでしまう、ということはあり得る。
 とにかく、かつては商店街だったらしいが、いまとなっては機能していなさげな町並みが続いている。昔はこの商店街で買い回りができたのかも知れないが、最近では車で街道沿いのスーパーに行ってしまうのだろう。

 最初の交差点の角は、土蔵建築と同じくらい古い木造の商店建築で、薬屋。右奥にあるのは、品揃えの豊富そうな酒屋であった。そして、四つ角からもう大垣共立銀行の緑の看板が見えている。あれが、ここ駒野での最初の制覇目標である。
 駒野出張所は、さっきの南濃支店とは違い、集落のど真ん中にある感じがする。銀行の営業店としては、集落内を完全掌握できる半面、街道沿いに広く集客するわけにはいかないから、いまの時代には出張所なのだろう。大垣共立銀行の駒野における歴史を調べてみると、店としては七十六銀行時代からあったものの、戦後にいったん統合している。統合は都市部に店を出す際に支店の数を調整するため閉店せざるを得なかったということで、残念ながらそうした配置転換の“弾”に選ばれてしまう程度の業績だったわけである。ただし、後に復活したというところが、この地域の重要性だろう。
 というわけで、駒野出張所に到着した。建物は南濃支店と同じ頃に建てられたようだが、こちらは平屋建てであるから、比べるとずいぶんコンパクトにまとまっている。正面の自動ドアを入ると、店内は9時の開店を前に掃除の真っ最中であった。掃除のおばちゃんが、ATMコーナーの横のドアを開けたまま現金封筒の補充をしている。男性の行員は店のまわりのゴミ拾いをしている。まだ8時半にもなっていないのだが、銀行は意外に朝が早い。
 キャッシュコーナーはATMが2台。機械配置は南濃支店と一緒だが、2台分の枠しかなかった南濃支店とは異なり、ここはキャッシュコーナーの機械枠が3台分ある。一番左の枠は使われていない。ATMの機種はここまでと同じ富士通のFV20。2台あるうち向かって右側の1台のみ「手のひら認証」対応のATM、というのは大共のいまの標準なのだろうか。店先のガラスには、岐阜県指定代理金融機関、海津市指定金融機関、と金文字で書いてあった。来年(2015年)4月から、大垣共立銀行は十六銀行に代わって岐阜県の指定金融機関となる。
 南濃支店から駒野出張所に来る間に8時を回ったので、ATMの入金はもとより出金も無料になった。制覇作業としての預金取引は、ここから、いつもと同じように入金と出金を1サイクルとして行う。08:23、駒野出張所を制覇した。

 南濃支店駒野出張所は、1981年11月に現在地に開設された。2015年2月2日、海津市内のほかの店舗と同様代理店化され、駒野代理店に変更されている。
 大共の当地への出店は、これが初めてではない。もともと駒野には駒野支店があった。七十六銀行駒野支店として1916(大正5)年7月に開設されたもの。当時の所在地は海津郡城山村大字駒野674番地で、今日制覇したのと同じ場所である。七十六銀行は1928年5月に大垣共立銀行に合併し、これに伴い駒野支店も大共の支店となった。1936年2月に高須支店駒野出張所となり、1950年10月再び駒野支店になったが、1953年11月に廃止された。廃止は配置転換のためで、駒野支店を閉めた大共は翌月代わりに名古屋支店【注】を開設している。

10-1.jpg

 【注】大共の名古屋支店は北区大曽根にあったが、名古屋市中心部の中区栄三丁目に名古屋支店を新規出店した。旧名古屋支店は大曽根支店に改称された。
posted by 為栗 裕雅 at 18:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 大垣共立銀 岐阜県海津市+2町完全制覇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ一覧(過去の連載など)
大垣共立銀 岐阜県海津市+2町完全制覇(62)
単発(12)
告知板(24)
銀行めぐ2015冬 みちのく銀秋田県全店制覇(29)
りそめぐ2013梅雨 大阪市営バス“最長”路線[93]を行く(43)
りそめぐ2011晩秋 都営バス最長路線[梅70]の旅(57)
りそめぐ2008秋 「埼玉県民の日」に埼玉県内をめぐる 東武伊勢崎線・野田線沿線17店舗の制覇(51)
りそめぐ2009初秋 りそな銀千葉県内12店舗完全制覇(35)
りそめぐ2008夏 りそな銀東京都世田谷区4店舗完全制覇(8)
りそめぐ2008春 埼玉高速鉄道で帰省してみた(18)
りそめぐ2008秋 太平洋は青かった 茨城→北海道750km大移動/銀行めぐ2008秋 札幌市内4行4店舗完全制覇(20)
りそめぐ2008初秋 湘南セプテンバーストーリー(11)
りそめぐ2008冬 銀河に乗って知事選たけなわの大阪府へ(47)
りそめぐ2008夏 「近畿大阪めぐ」スタート記念 片町線・京阪線沿線25店完全制覇(51)
りそめぐ2007晩秋 関西デハナク近畿(60)
りそめぐ2008冬 人命の重さと意味を考える(12)
りそめぐ2007秋 「埼玉県民の日」に埼玉県内をめぐる(35)
2007年7月 りそな関西地区支店昇格5店完全制覇+α(43)
あさめぐ・最後の爆走 西日本地区15店+1店完全制覇(34)
2006年1月 りそめぐ「旧奈良銀店舗全店制覇」(53)
第四銀行めぐ 2005年(41)