2009年09月02日

2008.09.10(水)(2)リテール激戦区の藤沢駅南口

 駅前から見えるところに銀行が数軒ある。駅施設の南側、駅ビルにあたる建物には住友信託銀行の藤沢支店が入っている。ロータリーの一番西側に建っているビルには、横浜銀行(藤沢中央支店)と新生銀行(藤沢支店)がある。南側には小田急百貨店がメインテナントとなった江ノ電(江ノ島電鉄)藤沢駅ビルがあって、中央三井信託銀行の藤沢支店(旧三井信託)が入っている。駅前からちょっと離れたところに、三菱UFJ信託銀行の藤沢支店(旧三菱信託)がある。富裕な住民が多いという地域の特色を反映して、信託銀行や旧長期信用銀行の支店が多く目につく。新生銀は日本長期信用銀行の時代からあったし、かつては日本興業銀行の支店まであった(みずほ発足と同時に旧一勧店に統合)のである。
 もちろん普通の銀行もないではない。日興コーディアル証券が4階に入ったビルには、3階のデッキ沿いに東京スター銀行がある。藤沢支店だそうだ。東京スターも関西アーバン銀行などと同様に店の立地条件を見直している銀行で、藤沢支店は2005年4月に辻堂支店が移転改称したものである。ロータリー東側に目を転じると三菱東京UFJ銀行(藤沢支店、旧三菱銀)。ビルの名前からしてダイヤモンドビルで、絵に描いたような三菱店舗である。というわけで、藤沢では駅の南口を一瞥しただけでこれだけの銀行店舗を目にすることができる。鵠沼(くげぬま)など戦前から続く高級住宅地を控え、富裕層を相手にしたリテール激戦区ということなのだろう。

 ロータリーからは、北・東・南東・真南と4方向に道が延びる。南東側に「南口本通り商店街」という看板が見える。ナントカ本通りという名前の商店街は関東では珍しい気がするが、とにかくそこを真っすぐ行くと、右側にあさひ銀行時代から続くりそなの店舗外ATMがあり、昔はその近所に東海銀行と大和銀行の藤沢支店もあった。江ノ電のビルに沿って直角に行く道はファミリー通りという名前になっているらしいが、通りのこうした名称が地元で定着しているかは知らない。
 南口本通りは、車道部分の道幅が3車線分くらいあるが、実質は対面2車線の道だろう。頻繁に十字路となるので、右折車線が頻繁にこちらに来たりあちらに行ったりする。歩道の両側には10階ぐらいの高さを持つ雑居ビルが軒を連ねている。1階の店舗は、ヘアカットの専門店とか消費者金融(レイク)、メガネ屋(メガネスーパー)、牛丼屋(吉野家)、洋風の焼肉屋(ペッパーランチ)といったナショナルセールスのチェーン店ばかりだ。
 雑居ビルの壁面にりそな銀行の袖看板が見えた。店舗外ATM[藤沢駅南口]である。このビルはアドアーズという24時間営業のゲームセンターが全体を埋め尽くしている。以前はゲーセンではなかった気がするが、テナントが変わったのだろう。キャッシュコーナーに入ると、内装はあさひ時代のパイプ形デザインで全然変わっていなかった。3台分のATM枠に、富士通ファクトAが2台。「お預け入れ」「お引き出し」の行灯は、ATMの置いてある2枠だけ、あさひ銀時代後半期に標準的だった赤いプレートに変えてある。そして、使っていない一番右側は、それ以前の青いプレートのままになっていた。だから、青いプレートの時代にキャッシュコーナーが開設され、赤いプレートに変わったけれども、現在の標準である緑色には換えていない、という状況である。店内に藤沢支店までの案内地図が掲示してあるのは旧協和銀行のセンスで(これは良いセンスだと思う)、「あさめぐ」で来たことのある拠点だけに少し懐かしく感じた。店舗外ATMでの取引が通帳に「その店名」で記帳されなくなって、もう6年も経ってしまったのである。
 店内には「平成18(2006)年7月」付のポスターがいまだに貼ってあった。「戸塚支店藤沢中央出張所は藤沢支店と同一店舗内にて営業しておりましたが、平成18年7月14日(金)の営業終了をもちまして藤沢支店に統合させていただきました。」戸塚支店藤沢中央出張所は旧大和銀行の藤沢支店だった店で、このATMから3軒ほど駅寄りに戻ったところにあった。大和銀藤沢支店は1980年9月に開設され、2002年2月に戸塚支店の藤沢出張所に変更された。2003年1月、あさひ銀行との合併を前に藤沢中央出張所に改称され、2004年1月に旧あさひ店の藤沢支店内に移転した。藤沢支店への統合は上記のとおり2006年7月18日である。
 なお、本通り商店街をもう少し歩いていくと、近所には東京電力やSMBCフレンド証券などがある。その先、南藤沢交差点には以前から三和銀行の藤沢支店があったのだが、三菱東京UFJ銀行南藤沢支店として現在も盛業中であった。駅前に「B店」があるのに、「U店」もまだ営業していたのだ。富裕層の多い特別な地域だから、ということなのだろうか。少し驚いた。
posted by 為栗 裕雅 at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | りそめぐ2008初秋 湘南セプテンバーストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126580382
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
カテゴリ一覧(過去の連載など)
大垣共立銀 岐阜県海津市+2町完全制覇(62)
単発(12)
告知板(24)
銀行めぐ2015冬 みちのく銀秋田県全店制覇(29)
りそめぐ2013梅雨 大阪市営バス“最長”路線[93]を行く(43)
りそめぐ2011晩秋 都営バス最長路線[梅70]の旅(57)
りそめぐ2008秋 「埼玉県民の日」に埼玉県内をめぐる 東武伊勢崎線・野田線沿線17店舗の制覇(51)
りそめぐ2009初秋 りそな銀千葉県内12店舗完全制覇(35)
りそめぐ2008夏 りそな銀東京都世田谷区4店舗完全制覇(8)
りそめぐ2008春 埼玉高速鉄道で帰省してみた(18)
りそめぐ2008秋 太平洋は青かった 茨城→北海道750km大移動/銀行めぐ2008秋 札幌市内4行4店舗完全制覇(20)
りそめぐ2008初秋 湘南セプテンバーストーリー(11)
りそめぐ2008冬 銀河に乗って知事選たけなわの大阪府へ(47)
りそめぐ2008夏 「近畿大阪めぐ」スタート記念 片町線・京阪線沿線25店完全制覇(51)
りそめぐ2007晩秋 関西デハナク近畿(60)
りそめぐ2008冬 人命の重さと意味を考える(12)
りそめぐ2007秋 「埼玉県民の日」に埼玉県内をめぐる(35)
2007年7月 りそな関西地区支店昇格5店完全制覇+α(43)
あさめぐ・最後の爆走 西日本地区15店+1店完全制覇(34)
2006年1月 りそめぐ「旧奈良銀店舗全店制覇」(53)
第四銀行めぐ 2005年(41)