2009年09月07日

2008.09.10(水)(7)Megu at your own risk.

 湘南深沢を過ぎてトンネルを抜けたあたりから、車窓の風景はちょっと瀟洒な住宅団地に変わったようであった。山の中腹から上に、いかにも高級住宅地という感じのする家の並びが続いている。その山の麓はやや庶民的な感じで、棟割長屋のような商店もあるし、コンビニ(ファミリーマート)も見える。
 西鎌倉に着いた。ここも無人駅らしく、島式ホームの端では運転士が降りる客から必死で切符を集めている。モノレールの車両が通る部分は、ホーム側の半分ぐらいは鉄板だが、残り半分は金網であって、その外側には柵がない。だから、財布から10円玉でも転がったら「あああっ」と言っているうちに下に転落してしまうだろう。高さとしては2階の屋根から落ちるぐらいだから、人間が落ちても死にはしないだろうが、非常に開放的でちょっと怖い感じがする。大船方向に目をやると、モノレールは駅の北側で大きく左にカーブしている。
 ホーム江ノ島寄りにある階段を下りてくると、この駅はやはり無人駅で、中2階のようになったところに券売機が2台置いてあるだけだった。高架下は月極駐車場のようで、かなり古い時代からパーク&ライドをやっているのだろう。加えて駐輪場がずっと長く続いている。駅の北側、左カーブが始まるところには、小規模なスーパーマーケットが1軒ある。
 西鎌倉出張所は、りそなの店舗一覧冊子によると「西鎌倉駅徒歩8分、西鎌倉小学校前」と書いてある。駅前の道をどちらに行けばよいのだろうか。今回、出張所への道順を全然調べてきていないし、西鎌倉出張所には「モノレールで」来たことが1度もないので(絶対あったはずだが記憶にない)、駅前のファミリーマートに入って、ちょっと地図を立ち読みさせてもらう。地図には、西鎌倉駅の東側をモノレールに沿って走る大通り、つまりコンビニが面する道を、大船方向に戻ったところにりそなが描いてあった。

 歩き出す。駅前からの2車線道路は、県道304号(腰越大船線)である。道沿いには個人商店が多い。商店街と呼ぶにはまばらだが、寂れているわけではなくて、もともと建物が密集していないのである。アパート1軒とNTTの施設1棟が3階建ての他は、2階建ての民家と、寝具屋・服屋・花屋・自転車屋といった個人商店が並んでいる。並んでいるといっても規則正しく並んでいるわけではない。そのうちの1軒、カレー屋の店先に出ていたメニューには、ビーフカレーおよびシュリンプカレーが1300円と目玉が出そうな値段がついていた。
 Swim at your own risk.と書いてある店があった。アメリカの海水浴場にある「海の家」を模した店なのだろう。江ノ島に近いせいか、このあたりには似たような店が2〜3軒ある。店先にはシボレーコルベットスティングレーがピカピカにメンテナンスして置かれていた。古き良き時代のアメ車、しかもスポーツカーである。この文章をまとめている2009年6月の冒頭、米ビッグ3と言われた自動車メーカーのうち、クライスラーとゼネラルモーターズの2社が経営破綻に追い込まれている。1960年代、先進国の仲間入りを始めた日本にとって、ガソリンをがぶ飲みにして走るアメ車は憧れであった。環境に良いとか悪いとかはさて置き、確かにあの時代には「アメリカンドリーム」と呼べるものがあったのである。「古き良き時代」は、アメリカではベトナム戦争で終わりを告げ、そして昨今のリーマンショックでとどめを刺されたといえる。バブル崩壊で奈落の底に落とされた日本は、今後何によって「とどめ」を刺されるのだろうか。戦後の日本はアメリカを20年遅れで追いかけているような気がするから、今から20年後がかなり心配である。なお、シボレーの近くには、いすず117クーペとか、骨とう品のような車が何台か置いてあった。
 県道がモノレールと直角に交わる「赤羽」の信号を境に、いかにも高級住宅地然とした西鎌倉山というエリアに入る。まばらに建っていた個人商店が消え、瀟洒な一戸建て住宅ばかりになった。家の造りや敷地の処理の仕方などが明らかにこれまでと違う。交差点には、生協コープ西鎌倉店とファミレスのロイヤルホストが面している。ロイホの対面は南欧料理のレストランで、店内ではディナータイムに月例ライブなどを行っているようだ。湘南という土地柄か、この界隈には普通の住宅地では見かけないような面白いものがある。やはり住民の生活に余裕があってこそなのだろう。りそなの住宅地店舗がある関西の地名でいうと仁川(兵庫県宝塚市)あたりがイメージ的に近い。
posted by 為栗 裕雅 at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | りそめぐ2008初秋 湘南セプテンバーストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ一覧(過去の連載など)
関西みらい(5)
単発(12)
告知板(24)
大垣共立銀 岐阜県海津市+2町完全制覇(62)
銀行めぐ2015冬 みちのく銀秋田県全店制覇(29)
りそめぐ2013梅雨 大阪市営バス“最長”路線[93]を行く(43)
りそめぐ2011晩秋 都営バス最長路線[梅70]の旅(57)
りそめぐ2008秋 「埼玉県民の日」に埼玉県内をめぐる 東武伊勢崎線・野田線沿線17店舗の制覇(51)
りそめぐ2009初秋 りそな銀千葉県内12店舗完全制覇(35)
りそめぐ2008夏 りそな銀東京都世田谷区4店舗完全制覇(8)
りそめぐ2008春 埼玉高速鉄道で帰省してみた(18)
りそめぐ2008秋 太平洋は青かった 茨城→北海道750km大移動/銀行めぐ2008秋 札幌市内4行4店舗完全制覇(20)
りそめぐ2008初秋 湘南セプテンバーストーリー(11)
りそめぐ2008冬 銀河に乗って知事選たけなわの大阪府へ(47)
りそめぐ2008夏 「近畿大阪めぐ」スタート記念 片町線・京阪線沿線25店完全制覇(51)
りそめぐ2007晩秋 関西デハナク近畿(60)
りそめぐ2008冬 人命の重さと意味を考える(12)
りそめぐ2007秋 「埼玉県民の日」に埼玉県内をめぐる(35)
2007年7月 りそな関西地区支店昇格5店完全制覇+α(43)
あさめぐ・最後の爆走 西日本地区15店+1店完全制覇(34)
2006年1月 りそめぐ「旧奈良銀店舗全店制覇」(53)
第四銀行めぐ 2005年(41)