2010年05月06日

2008.08.27(水)(1)プロローグ 米のとぎ汁が流れている脳

りそめぐ2008夏
りそな銀東京都世田谷区4店舗完全制覇



今回の行動範囲

百聞は一見に如かず


 小田急線の各駅停車で豪徳寺に着いたのは、午後1時半過ぎのことであった。
 豪徳寺は複々線の両側に対向式のホームがついた駅で、改札は高架下にある。高架駅としてはごく普通のスタイルである。8月末の昼下がり、夏の「勢い」は少しだけ衰えを感じないこともないが、ギラギラとした強い日差しがまだまだ照りつけている。
 今日は、都内某所の精神科にかかってきたところである。毎日毎日どうもやる気がわかず、就寝したと思ったらもう起床という感じで、生活にも全く張り合いがない。日常のことを何か1つするのにも億劫だし、些細なことですぐ絶望感にかられて死にたくなってしまうのも一度や二度ではなかった。この程度なら大概の人に経験があるだろうが、私の場合はそれが特に病的に思われたのである。
 精神に変調を来したと自覚したのは、時期的には、父親が亡くなって1年ほど経った頃であった。仕事でややこしい人たちを相手に神経をすり減らしていたところに父親に死なれ、時期を同じくして、他人に多額の金を貸したまま返してもらえないとか、底値を見極めて買ったハズのりそなホールディングス株式で含み損を抱えたとか、自分の将来のこととか、月並みではあるがもろもろの悩みが重なったわけだ。これらの状況は、基本的には今も変わっていない。現在では多少平静を取り戻したように思えるが、これは諦めの境地に到達したせいか、はたまた別の理由があるのか、自分でもよくわかっていない。なぜ精神不安定になったかについても、私は明らかに父親孝行な息子ではなかったから、父の死がその要因だったとも考えにくいのである。
 ともあれ、医師には「うつ病ではないか」と相談したのであった。ところが、私は睡眠時間“過多”、つまり「寝すぎ」という特性を抱えていて、医師からは「うつ病は99.9%不眠なんです!」と叱られてしまったのである。叱られながらも、とりあえず精神安定剤のような薬だけは処方してもらったので、それを飲んでいる今は少し朦朧としている。人間の脳内に通常は透明な水がサラサラ流れているとすると、私の脳内は、たとえば米のとぎ汁のような白濁液がドロドロと流れている感じであった。
 そういう頭で、精神科のある「都内某所」から豪徳寺までやって来たのは、単純に財布の中身が乏しかったからである。私はりそなの「めぐラー」として、店舗がどこにあるかは頭に入っている。最も近いりそなの支店が豪徳寺だったのである。だからといって、なにもわざわざ電車に乗って金を下ろしに来なくても、とは思うけれども。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148654947
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
カテゴリ一覧(過去の連載など)
大垣共立銀 岐阜県海津市+2町完全制覇(62)
単発(12)
告知板(24)
銀行めぐ2015冬 みちのく銀秋田県全店制覇(29)
りそめぐ2013梅雨 大阪市営バス“最長”路線[93]を行く(43)
りそめぐ2011晩秋 都営バス最長路線[梅70]の旅(57)
りそめぐ2008秋 「埼玉県民の日」に埼玉県内をめぐる 東武伊勢崎線・野田線沿線17店舗の制覇(51)
りそめぐ2009初秋 りそな銀千葉県内12店舗完全制覇(35)
りそめぐ2008夏 りそな銀東京都世田谷区4店舗完全制覇(8)
りそめぐ2008春 埼玉高速鉄道で帰省してみた(18)
りそめぐ2008秋 太平洋は青かった 茨城→北海道750km大移動/銀行めぐ2008秋 札幌市内4行4店舗完全制覇(20)
りそめぐ2008初秋 湘南セプテンバーストーリー(11)
りそめぐ2008冬 銀河に乗って知事選たけなわの大阪府へ(47)
りそめぐ2008夏 「近畿大阪めぐ」スタート記念 片町線・京阪線沿線25店完全制覇(51)
りそめぐ2007晩秋 関西デハナク近畿(60)
りそめぐ2008冬 人命の重さと意味を考える(12)
りそめぐ2007秋 「埼玉県民の日」に埼玉県内をめぐる(35)
2007年7月 りそな関西地区支店昇格5店完全制覇+α(43)
あさめぐ・最後の爆走 西日本地区15店+1店完全制覇(34)
2006年1月 りそめぐ「旧奈良銀店舗全店制覇」(53)
第四銀行めぐ 2005年(41)