2010年05月10日

2008.08.27(水)(5)等々力支店

 バスの中では、前後不覚に眠り込んでしまった。小田急線の高架に沿って千歳船橋で右に曲がるあたりまでは起きていたのだが、その後突き当たって左折したハズの東京農大(前の交差点)などは全く覚えていない。とにかく眠い。
 用賀中町通りといっただろうか、玉川警察署の脇から対面2車線の坂道をずっと下りてきて、城南信金の支店がある角で右に曲がり、そこでバスを降りる。これが等々力操車所の1つ手前のバス停「等々力」で、4時ちょうど頃に着いた。ここは東急大井町線等々力駅の北西側にあたり、りそな銀行の看板はもう交差点の反対側に見えている。操車所は、等々力通りを線路沿いに西に進んだ先にある。
 支店に向かって等々力通りを東に歩く。静かな商店街であった。道幅の広い対面2車線道路で、車の通りは結構多いが、その分歩行者は少ないように見える。角のいい場所を城南信金の玉川支店が占めており、また三菱東京UFJ銀の店舗外ATM(尾山台支店・等々力駅前、旧三和銀)も見える。駅の南側にも商店街があって、それなりに商業集積のある地区のようだが、現在では隣駅・尾山台のほうが商業集積度が高い。尾山台駅周辺も、地名でいうと一部を除き「等々力」である。
 なお、女優・黒柳徹子の自伝『窓ぎわのトットちゃん』に飯盒炊爨(はんごうすいさん)に行った旨の記述がある等々力渓谷は、等々力駅の南側、商店街が何となく途切れたあたりに入口がある。多摩川の支流である谷沢川が国分寺崖線【注1】を流れ落ちる際に斜面を削ってできた、東京23区内唯一の自然の渓谷である。

 りそなの支店は、等々力通り沿い、世田谷区玉川総合支所の向かいである。2階建ての店舗には、旧あさひ店舗らしく横長の板看板がついている。正面は平面的なデザインで、太いオーダー(縦柱)を前面に打ち出した旧来の銀行建築スタイルからやや変化した時期の建物。とはいえ、1階天井の高さは1.5階分ぐらいと非常に高くなっているから、根本的な設計思想は変わっていないようだ。支店建物の右隣にある駐車場は銀行のものではないそうで、「りそな銀行特約駐車場 50m先」と書いた看板が出ている。旧協和店舗は駐車場の条件に恵まれない店舗が多く、ここも現在地からぐるっと1周しないと契約駐車場に車が置けないのだ。
 窓口室は総合受付方式に改装されていた。客の姿は見えない。この時間になると銀行はやはり客がまばらになるようで、等々力支店では、窓口では5時まで、機械では4時までだった両替を、両方とも3時までに縮小してしまった。窓口営業時間を少々長くしても、結局そういうことになってしまうのか。キャッシュコーナーは、壁紙から直接機械が突き出しているように見え、機械上部には緑色のプラスチック板で「お預け入れ」などの案内表示が貼ってある(行灯ではないということである)。4台あるATMはいずれも富士通製で、ファクトAが3台にファクトVモデル20が1台であった【注2】。16:14、等々力支店を制覇した。
 等々力支店は1962年7月に協和銀行等々力支店として開設された。現在の建物は1964年3月に新築されたものである。りそな銀行になってからの2004年4月、同じ東急大井町線沿線の自由が丘(東京都目黒区)に有人の自由が丘出張所を開設したが、同出張所は2006年3月に扱い業務を縮小(勘定を廃止)し、2009年1月に統合された。
 なお、旧大和銀行は、終戦直後のわずかな時期、この地に等々力支店を持っていた。1945年10月、野村銀行品川支店等々力出張所として世田谷区玉川等々力町2-1850に開設され、1946年7月支店に昇格したが、1950年5月大岡山支店【注3】に統合されている。当時、等々力は純農村地帯で、戦争末期には住宅や工場の疎開が相次ぎ、終戦後は農村景気の高揚で現金が有り余っていたので、これを預金として吸収するために店を出したのであった。店の場所は特定できなかったが、所在地の玉川等々力町2丁目は、現在では等々力3〜5丁目となっており、場所でいうと東急大井町線の北側、等々力駅から尾山台駅にかけてのエリアである。

20080827-05_Todoroki.jpg

 【注1】国分寺崖線(こくぶんじがいせん):多摩川が武蔵野台地に形成した河岸段丘の段丘崖。全長約30km。立川市北部の砂川九番に始まって東に進み、国分寺市・小金井市から調布市深大寺付近を経て世田谷区に入る。世田谷区内では野川と多摩川に沿って砧・玉川地域南部を通り、大田区田園調布付近に至る。世田谷区成城から下流では20mを超える高さとなる。周辺は樹林や湧水などが多く残り、豊かな緑に覆われている。
 【注2】等々力支店の機械配置:2010.04.28現在、記帳機(富士通)とATM3台(FV10、FV20×2)。
 【注3】大岡山支店:大田区北千束町(当時)にあった。等々力支店統合の翌年に品川支店に統合されている。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148658270
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
カテゴリ一覧(過去の連載など)
大垣共立銀 岐阜県海津市+2町完全制覇(62)
単発(12)
告知板(24)
銀行めぐ2015冬 みちのく銀秋田県全店制覇(29)
りそめぐ2013梅雨 大阪市営バス“最長”路線[93]を行く(43)
りそめぐ2011晩秋 都営バス最長路線[梅70]の旅(57)
りそめぐ2008秋 「埼玉県民の日」に埼玉県内をめぐる 東武伊勢崎線・野田線沿線17店舗の制覇(51)
りそめぐ2009初秋 りそな銀千葉県内12店舗完全制覇(35)
りそめぐ2008夏 りそな銀東京都世田谷区4店舗完全制覇(8)
りそめぐ2008春 埼玉高速鉄道で帰省してみた(18)
りそめぐ2008秋 太平洋は青かった 茨城→北海道750km大移動/銀行めぐ2008秋 札幌市内4行4店舗完全制覇(20)
りそめぐ2008初秋 湘南セプテンバーストーリー(11)
りそめぐ2008冬 銀河に乗って知事選たけなわの大阪府へ(47)
りそめぐ2008夏 「近畿大阪めぐ」スタート記念 片町線・京阪線沿線25店完全制覇(51)
りそめぐ2007晩秋 関西デハナク近畿(60)
りそめぐ2008冬 人命の重さと意味を考える(12)
りそめぐ2007秋 「埼玉県民の日」に埼玉県内をめぐる(35)
2007年7月 りそな関西地区支店昇格5店完全制覇+α(43)
あさめぐ・最後の爆走 西日本地区15店+1店完全制覇(34)
2006年1月 りそめぐ「旧奈良銀店舗全店制覇」(53)
第四銀行めぐ 2005年(41)