2010年05月13日

あとがき・参考文献一覧

 「りそめぐ2008夏 りそな銀東京都世田谷区4店舗完全制覇」、5月8日をもって完結いたしました。
 最後までお読みいただいた方には、例によってダラダラと続いた連載にお付き合いいただき、御礼申し上げます。あとがき等も含めた分量は、最終的に55枚強(400字詰原稿用紙換算)となりました。

 前回の連載『埼玉高速鉄道で帰省してみた』のあとがきで、コメント欄に「準備中が2本(大作1、小ネタ1)」と書きました。今回の連載は、そのうち「小ネタ」の方です。精神科にかかった記述からおわかりかもしれませんが、昨年9月に連載した『湘南セプテンバーストーリー』の姉妹篇にあたります。
 今回は、世田谷区内の4店舗をめぐった記録でした。世田谷区は私にとって因縁浅からぬ土地ではありましたが、今回の連載で初めてわかったことも多くあり、認識を新たにできた点はよかったと思います。
 1つの自治体に4店舗出ているのは、りそなとしては結構な数といえるのですが、他行と比較すると、みずほ・三菱東京UFJの両行は同じ世田谷区に有人店舗をそれぞれ11店(同一地での重複店を除く)出しており、改めてりそなと3メガとの「力の差」を感じました。一めぐラーとしては、りそなはもちろん「我が道」を行けばよいと思います。しかし、東京23区西部で暮らす者としては、もう少し店舗網が密であれば、との思いも否定できません。地銀か信金を合併する以外に、店舗を劇的に増やす方法はないと思いますが、現実性は低いでしょう。もちろん「3メガへの合併」など論外ですし。

 私の「精神疾患」は、精神科医からは一蹴されてしまいました。その後の経過を見れば医師の診断は正しかったということになるのですが、たとえ医師の判断がどうあろうと、精神的な好調・不調は誰にも絶対あります。そして苦しい時期には、たとえ趣味であっても思うようには運ばないものです。「めぐ」という趣味は、それでも何とか成立してしまう「ユルさ」こそが長所ではないでしょうか。今回の「世田谷区篇」をまとめ上げてそう感じました。
 身辺では、パソコンのハードディスクが故障したり、給料が下がったり等、相変わらず不本意な出来事ばかりです。厄年は「後厄」に入りましたが、負の影響がまだ続いているようです。幼い頃、小父さんと呼ばれるような年齢の男性を見ると、どうして彼らはいつもあんなに不機嫌な顔をしているんだろうと思っていましたが、自分がそういう年齢になってみるとよくわかります。機嫌よく、なんてしていられないということです。それでも機嫌よく振る舞える男性は、よほど修養のできた人なのでしょう。残念ながら私は、修養を積むところから始めないといけません。先の長い話であります。

 さまざまな思いが去来しますが、この連載はこれにて終了します。この連載を数年後に読み返して「古い」と感じられることがあるかもしれませんが、あくまで 2008年8月の実体験と、その後の連載期間における「一面の真実」です。そういうものだと思ってお読みいただくことを望みます。
 地図の作成にあたっては、『ちょっと便利帳』というwebサイトの「グーグルマップ地図上に全国自治体などの境界を表示する」というツールを使いました。『ちょっと便利帳』については以前に別ブログで取り上げたことがありますが、お役立ちサイトとして有用度が高いものです。改めてここでご紹介しておきます。
 この連載のような「文章を使っての自己主張」が、私の生き甲斐です。今後ともご支援・ご鞭撻をいただけますようお願いします。ご意見や情報提供をお待ちしています。このブログ「MEGU」は、コメント・トラックバックを歓迎していますし、私のメールアドレスも公表しています。

 なお、この連載の執筆にあたっては、以下のような書籍・webサイト等を参照いたしました。

参考文献一覧
紙媒体は発行年順、webサイトは本文掲載順(2010.05.03現在)
  『野村銀行三十年史』大和銀行、1948年
  『世田谷区史(上巻)』世田谷区、1951年
  『大和銀行四十年史』大和銀行、1958年
  荻野三七彦・森安彦ほか『世田谷区の歴史』名著出版、1979年
  『富士銀行百年史 別巻』富士銀行、1982年
  『世田谷の地名(上)』東京都世田谷区教育委員会、1984年
  『大和銀行七十年史』大和銀行、1988年
  『世田谷古地図 昭和30年(1955年)当時』世田谷区企画部都市デザイン室、1995年
  『協和銀行通史』あさひ銀行、1996年
  『大和銀行八十年史』大和銀行、1999年

  『全国銀行店舗一覧』全国銀行協会連合会
  『日本金融名鑑』日本金融通信社、各年版

  「ウルトラマン商店街情報」『祖師谷大蔵 ACHAMI NETWORK』 http://homepage2.nifty.com/ACHAMI-NETWORK/2006ulrumachi/uiraman.htm
  『世田谷区』 http://www.city.setagaya.tokyo.jp/index.shtml
  「自然環境情報」『東京都環境局自然環境部』http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/sizen/hozentiiki/syoukai/28gaisen.htm
  フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ一覧(過去の連載など)
関西みらい(5)
単発(12)
告知板(24)
大垣共立銀 岐阜県海津市+2町完全制覇(62)
銀行めぐ2015冬 みちのく銀秋田県全店制覇(29)
りそめぐ2013梅雨 大阪市営バス“最長”路線[93]を行く(43)
りそめぐ2011晩秋 都営バス最長路線[梅70]の旅(57)
りそめぐ2008秋 「埼玉県民の日」に埼玉県内をめぐる 東武伊勢崎線・野田線沿線17店舗の制覇(51)
りそめぐ2009初秋 りそな銀千葉県内12店舗完全制覇(35)
りそめぐ2008夏 りそな銀東京都世田谷区4店舗完全制覇(8)
りそめぐ2008春 埼玉高速鉄道で帰省してみた(18)
りそめぐ2008秋 太平洋は青かった 茨城→北海道750km大移動/銀行めぐ2008秋 札幌市内4行4店舗完全制覇(20)
りそめぐ2008初秋 湘南セプテンバーストーリー(11)
りそめぐ2008冬 銀河に乗って知事選たけなわの大阪府へ(47)
りそめぐ2008夏 「近畿大阪めぐ」スタート記念 片町線・京阪線沿線25店完全制覇(51)
りそめぐ2007晩秋 関西デハナク近畿(60)
りそめぐ2008冬 人命の重さと意味を考える(12)
りそめぐ2007秋 「埼玉県民の日」に埼玉県内をめぐる(35)
2007年7月 りそな関西地区支店昇格5店完全制覇+α(43)
あさめぐ・最後の爆走 西日本地区15店+1店完全制覇(34)
2006年1月 りそめぐ「旧奈良銀店舗全店制覇」(53)
第四銀行めぐ 2005年(41)