2017年05月11日

2014.07.18(金)(37)[輪之内町役場]を制覇

 そして文化会館の前まで進んできたとき、私はあの看板にダマされていたことを知った。畜生、役場はやはり川の東岸だ。篠沢教授に1000点賭けてハズしたような絶望感を感じた。どうして西岸側のあんな場所に矢印看板を付けているのだろうか。役場が川の東側である以上、橋を渡ってはいけないのである。あそこに矢印看板があるのは紛らわしい。少なくとも私は誤認した。東側に付けられないから西岸に立てているだけなのか。それなら、矢印だけの看板ではなく、川を描き込んだ「図」にしてくれないと無理である。
 まあ、今にして思えば、東岸は対面2車線の道が続いているのに、こっちは対面2車線ではないから、やはりそこでおかしいと気がつかなくてはいけなかったのだ。道が狭まるということは、裏道である。

 文化会館の前に架かる橋は、意味はわからないが光輪橋という名前であった。架かったのが平成元(1989)年とかで新しく見えるが、文化会館とセットでできたのだろう。というわけで、曲折はあったがやっとの思いで輪之内町役場に着いた。結局、川の東側に建つ茶色い建物が輪之内町役場であった。地図を信じて真っすぐ来ればよかった。
 役場の敷地に入り、敷地内の対面2車線の通路を行く。この町役場も、田んぼの真ん中の土地をガバッと使って作った雰囲気が強く感じられた。右(南)側には学校の校舎と体育館みたいな建物が見えるが、みたいなというか学校そのもの(町立輪之内中学校)である。茶色い役場の建物の南側には学校との間に広大な駐車場が広がっている。
 敷地の端近くまで来ると、輪之内町商工会館という2階建ての建物がある。大垣共立銀行のATM小屋は、商工会館の横、町役場の敷地の南東端にポツンとあった。看板もなく目立たないところにある。敷地端の生垣に自転車を立てかけて、小屋に歩み寄った。
 商工会館の横に建つこの小屋は、今日盛んに見てきた大共の1992年標準型ATM小屋とは違い、前面に行灯看板のついた真四角な箱で、ちょっと古いタイプである。鉄の部分はクリーム色に塗られている。行灯の《大垣共立銀行》のロゴは、少し古めかしいデザインのものを使用している。キャッシュコーナーの入口が自動ドアになっているのは、1992年標準型と変わらない。大共の店舗外ATMは自動ドア標準装備で、機械1台だけの独立小屋も例外ではない。自動ドアを開けてみると、中の機械は手のひら認証対応の富士通FV20が1台だけであった。母店は今尾支店である。機械を操作。13:05、[輪之内町役場]を制覇した。
 今尾支店輪之内町役場出張所は、今尾支店2番目の店舗外ATMとして、1986年10月に開設された。2015年2月、今尾支店の代理店化に伴い、母店は海津支店に変更された。

 海津市に続き、輪之内町の制覇目標もすべて制覇した。次は養老町に入り、最初の目的地は[船附]である。ここから4.47km、19分かかることになっている。
 [輪之内町役場]は、予定だと12:46には出ていないといけないので、20分ぐらい遅れている。着実に時間オーバーしつつあった。役場を出発する前に、船附まで行く近道がないか、大共の人に聞いてみよう。地図を持って来ていない以上、聞いてから動いても遅くはない。大共が指定金融機関なら、会計課に行けば大垣共立銀行の行員が詰めているハズだ。そう思って、役場の正面玄関を入った。
 玄関の横に定礎の石がはめてあって、昭和59年9月吉日と書いてある。1984年の建築ということは、築30年。そのぐらいの経年なら、まだまだ新しい方だろう。玄関先にある電光掲示板には、輪之内町からのお知らせや、県内/町内の事故件数など、種々の告知が次から次へとスクロール表示されていた。輪之内町の人口や世帯数も出てくる。この年(2014年)の6月1日現在、人口は男4908/女5050の合計9958人、世帯数は3080世帯であるそうだ【注1】。輪之内町はあと42人転入すれば人口1万人達成である。クレジットカードを新しく作ると、入会初年には年会費が無料となることが多いが、地方自治体も「転入初年は町税免除!」のような人口増加キャンペーンを打ってみたらどうだろうか。そんなことを思ったが、まあ付け焼刃的な対策では講じても意味がないであろう。
 風除室に入ってすぐ右側には、輪之内町勢パノラマ図というものがあった。ボタンを押すと地図上のランプが光るようになっているのだと思うが、通電していないようで、押してもランプは点かなかった。何とか建材とか何とか生コンとか、さっき通過したクロスタニンとか、町の施設や商工関係全部の場所がわかる。「イオンタウン輪之内」の開業した当時の写真が出ていて、看板の屋号が「マックスバリュ」になっていた。自動ドアをもう1枚抜けると、「輪之内町役場ご案内」という図が出ている。その図に従って左に曲がると、スロープ上がった左側に会計室というのがあった。Accounting Officeと緑色のプレートにしゃれた感じに書いてある下に、広々とした窓口ブースが2つある。
 そこに詰めていたのは、大共の行員ではなく、JAにしみのの女性職員であった。輪之内町の指定金融機関は2年ごとに交代するそうで、JAは去年(2013年)の8月に指定金になったそうである【注2】。次がどこになるかはわからないが、大共と大信(大垣信金)のいずれかであるという。ローテーションなのだろう。これでは大垣共立のことはちょっと聞きにくい。
 結局、道案内をしてくれたのは、役場窓口の職員さんであった。県道羽島養老線に戻って西へ進み、橋を渡って突き当たったところで左に曲がる。それでしばらく行ったところが船附だという。やはり、川沿いの道を北上し、イオンの前から来る県道まで戻らないといけないそうだ。輪之内町役場から船附までの直線距離は3kmほどだが、実際に行くとなるとグルッと回らなければ無理なので時間がかかる。諦めるしかないようだ。

37-1.jpg37-2.jpg
 【注1】2017年4月1日現在、総人口9870人、世帯数3284世帯。世帯数は増えたが、人口は漸減傾向にあるようだ。なお、2010年には総人口は1万人を超えていた。
 【注2】現在は大垣共立銀行海津支店。
posted by 為栗 裕雅 at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大垣共立銀 岐阜県海津市+2町完全制覇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ一覧(過去の連載など)
関西みらい(5)
単発(12)
告知板(24)
大垣共立銀 岐阜県海津市+2町完全制覇(62)
銀行めぐ2015冬 みちのく銀秋田県全店制覇(29)
りそめぐ2013梅雨 大阪市営バス“最長”路線[93]を行く(43)
りそめぐ2011晩秋 都営バス最長路線[梅70]の旅(57)
りそめぐ2008秋 「埼玉県民の日」に埼玉県内をめぐる 東武伊勢崎線・野田線沿線17店舗の制覇(51)
りそめぐ2009初秋 りそな銀千葉県内12店舗完全制覇(35)
りそめぐ2008夏 りそな銀東京都世田谷区4店舗完全制覇(8)
りそめぐ2008春 埼玉高速鉄道で帰省してみた(18)
りそめぐ2008秋 太平洋は青かった 茨城→北海道750km大移動/銀行めぐ2008秋 札幌市内4行4店舗完全制覇(20)
りそめぐ2008初秋 湘南セプテンバーストーリー(11)
りそめぐ2008冬 銀河に乗って知事選たけなわの大阪府へ(47)
りそめぐ2008夏 「近畿大阪めぐ」スタート記念 片町線・京阪線沿線25店完全制覇(51)
りそめぐ2007晩秋 関西デハナク近畿(60)
りそめぐ2008冬 人命の重さと意味を考える(12)
りそめぐ2007秋 「埼玉県民の日」に埼玉県内をめぐる(35)
2007年7月 りそな関西地区支店昇格5店完全制覇+α(43)
あさめぐ・最後の爆走 西日本地区15店+1店完全制覇(34)
2006年1月 りそめぐ「旧奈良銀店舗全店制覇」(53)
第四銀行めぐ 2005年(41)