2017年05月19日

2014.07.18(金)(45)そして、制覇

 珍品城に夢中になってしまったが、私は大垣共立銀行の制覇をしなければならないのである。
 店舗外ATM[珍品センター]は、珍品センターの敷地西寄り、天守閣の横にあった。本日何度も遭遇してきた1992年標準タイプの小屋に、ATMが1台。機種は沖電気のバンキットで、手のひら対応にはなっていなかった【注1】。母店は養老支店であった。小屋に入って機械を操作。14:47、ATM[珍品センター]を制覇した。
 養老支店珍品センター出張所は、養老支店4番目の店舗外ATMとして、1996年3月に開設された。2003年の年末、建設重機によるATMブース破壊の被害に遭っている。重機で店舗外ATMを物理的に壊し、ATMに装填されている現金を奪取する窃盗事件が、ちょうどこの頃(2002年以降)急増した。手口はほとんど共通していて、建設現場や重機の駐車場から油圧ショベルを盗み、そこから近いATMを破壊して現金を奪うというものである。建設省(現国土交通省)が1990年から重機の操作方式の共通化を始め、2002年には重機のほぼすべてが新型に切り替わったが、それによって犯罪に利用されやすくなったという事情もある。
 重機によるATM荒らしは、私がかつて「めぐ」をしていたあさひ銀行でも複数件発生している。あさひ銀では、被害個所は復活せずすべてそのまま廃止となったから、それを思うと[珍品センター]が復活したのはまことに慶祝すべき出来事であった。[珍品センター]の事件では、正面ガラスが割れただけでATMに被害はなかったという。

 ATM小屋のうしろに回ると、ガラス窓のような形態のポスター掲示板に「ゴールド総合口座」のポスターが貼ってあった。ゴールド総合口座は、2001年4月に販売を開始した大共の看板商品で、口座管理手数料(年額2160円)を徴収する代わりにATMの時間外手数料が無料になったり、取引ポイントが倍増したりする。口座手数料が2.5倍(5400円)の「スーパーゴールド総合口座」もある。今回の「めぐ」ではお目にかからないが、大垣や岐阜など都市部の店舗に行くと、ボディを金色に塗った「ゴールド総合口座利用者専用ATM」というものが異彩を放っている【注2】。
 ポスターの絵柄は、「OKB3」という女性3人の写真であった。胸の谷間を強調したりタイトミニスカートを穿いたりして、銀行のポスターとしては非常に官能的だ。「OKB3」は大垣共立銀行のキャンペーン広告に出ている女性の3人組で、カナ・マナ・ヒロの3人【注3】はモデル事務所所属のプロのタレントである。そして、行内には別に「OKB45」というものがある。これは女性行員を45人集めたユニットで、こちらもディスクロージャー誌の表紙を飾るなどビジュアル的に活動している。ミニスカートはやめた方が、と思う人もいないではないが、基本的には美人の集団である。この「OKB3」と「OKB45」の数字を足すと、48。つまり「OKB48」になるというわけである。AKBグループを意識しつつオリジナリティを出しているのは、土屋頭取のエンターテイナーとしてのセンスだろうか。その「OKB3」は2011年11月から始まったが、セクシーな女性の写真を使った広告自体はそれより前から行っていた【注4】。こうした路線の嚆矢は、同行では1984年の水着モデルを使ったポスターが最初だという。
 大共って面白い銀行だと改めて思った。こういう遊び心がないと、組織はギスギスしてくると思う。もっとも、心配に思うこともなくはない。頭取の打ち出す構想は遊び心に満ちているのだが、それを実行する銀行の組織は、頭取の遊び心に付いていけているのだろうか。私は、銀行のサービスの斬新さから期待される応対と、この銀行で実際に受けた応対とのギャップに、軽い失望を覚えたことがある。まあ、銀行という業態の業務内容からして、あまり形から外れすぎるのも問題なのであるが。

 さて、次の制覇目標に向かおう。[フードセンタートミダヤ養老店]である。目の前を走る養老平田線を西に走って養老町の中心部に到達すれば、ここをはじめとして養老町内がパタパタッと片付くハズだ。4か所を一気に取って、郊外にある[イオンタウン養老]に行ったら終わりである。
 時計を見ると、[珍品センター]の出発は、すでに予定より70分ほど遅れている。この調子では、自転車の返却まで含めると、ずいぶん後ろにズレ込むのではないだろうか。いちおう、スケジュールは16:10頃に養老鉄道養老駅で終了することになっているが、「16時過ぎ」ではなく「夕方6時過ぎ」ぐらいになってしまうかも知れない。レンタサイクルは、返却予定時刻を17:00としている。「めぐ」が多少延びても終電までに返せば良いのであるが、せめて夕方5時には自転車を返してスッキリサッパリ終わりたかった。
 それにしても、時速12kmという計算スピードは、相当の余裕をもって適用したハズだったが、それでも相当にキツいスケジュールであった。疲労が増してくるとスムーズにはいかないし、しかも、ここ珍品センターやさっきの輪中堤のように、面白いものに遭遇するとじっくり見てしまうから、そこで動きが止まってしまうのである。
 救急車がサイレンを鳴らして通過していった。乗せてもらいたいと少し思った。

45-1.jpg

 【注1】現在は手のひら認証対応の機械が入っている。
 【注2】中身は通常の機械と同じであり、一般口座の客も利用は可能。
 【注3】2015年9月からユコ・ナツ・アミの3人となった。前任者と同じモデル事務所「セントラルジャパン」の所属。 (2017.06.03追記)最近「ユコ」は「サヤ」に代わった模様。
 【注4】ゴールド/スーパーゴールド総合口座の2005年頃の広告から官能的な女性の写真となっている(為栗調べ)。
posted by 為栗 裕雅 at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大垣共立銀 岐阜県海津市+2町完全制覇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ一覧(過去の連載など)
関西みらい(5)
単発(12)
告知板(24)
大垣共立銀 岐阜県海津市+2町完全制覇(62)
銀行めぐ2015冬 みちのく銀秋田県全店制覇(29)
りそめぐ2013梅雨 大阪市営バス“最長”路線[93]を行く(43)
りそめぐ2011晩秋 都営バス最長路線[梅70]の旅(57)
りそめぐ2008秋 「埼玉県民の日」に埼玉県内をめぐる 東武伊勢崎線・野田線沿線17店舗の制覇(51)
りそめぐ2009初秋 りそな銀千葉県内12店舗完全制覇(35)
りそめぐ2008夏 りそな銀東京都世田谷区4店舗完全制覇(8)
りそめぐ2008春 埼玉高速鉄道で帰省してみた(18)
りそめぐ2008秋 太平洋は青かった 茨城→北海道750km大移動/銀行めぐ2008秋 札幌市内4行4店舗完全制覇(20)
りそめぐ2008初秋 湘南セプテンバーストーリー(11)
りそめぐ2008冬 銀河に乗って知事選たけなわの大阪府へ(47)
りそめぐ2008夏 「近畿大阪めぐ」スタート記念 片町線・京阪線沿線25店完全制覇(51)
りそめぐ2007晩秋 関西デハナク近畿(60)
りそめぐ2008冬 人命の重さと意味を考える(12)
りそめぐ2007秋 「埼玉県民の日」に埼玉県内をめぐる(35)
2007年7月 りそな関西地区支店昇格5店完全制覇+α(43)
あさめぐ・最後の爆走 西日本地区15店+1店完全制覇(34)
2006年1月 りそめぐ「旧奈良銀店舗全店制覇」(53)
第四銀行めぐ 2005年(41)