2017年05月25日

2014.07.18(金)(51)押越のコンビニにて

 次は養老支店に向かう。この県道をさらに北に行き、郵便局の手前で左に曲がればいいらしい。それが終わったらすぐに[養老町役場]が続く。
 出張所の敷地北側は、すぐ奥が養老鉄道の踏切になっている。その道を挟んで北隣に、前述したヤナゲンハッピー養老タウンがかつてあった。現在ではセブンイレブンと太陽光発電所になっている。めぐ当日時点では更地だったと思われるが、記憶がない(少なくともセブンイレブンは存在していなかった)。養老鉄道と県道大垣養老公園線が南北に並行に走っているこのあたりは、道の右(東)側で水田が多い感じであった。今朝乗った養老線でも、車窓の風景は同じ傾向を示していた。すぐ西側に養老山地が迫ってきているから当然のことである。
 県道を頑張って漕ぎ進めていくと、オアシスを発見した。大駐車場完備の平屋建てコンビニ建築。しかも、ここにあるのはイートインコーナーを標準装備しているコンビニチェーンの店であった。おお、ここだったら座って食事ができるか。こんな中途半端な時間に食べたら太ってしまうが、今日はガス欠状態のままここまで引っ張っている。ちょっとさすがに飯を食べよう。私は店の名前のとおり“小休止”することにした。コンビニの向かい側には、このあたりとしては大きな病院がある。JAグループが経営しているらしく、JAのマークがでかでかと掲げられていた。
 正面入口の横に自転車を置き、店内の弁当コーナーへ。チキンカツの弁当を買うことにした。茶飯というのか醤油を入れて炊いたご飯と、ケチャップで炒めたスパゲティ、それに鶏むね肉の照焼の薄いものが1枚入っている。それがチキンカツとは別に、であるから、腹は結構膨れそうである。ガラスの冷蔵庫から飲み物を取って、弁当と一緒にレジカウンターへ。
 会計のついでに、養老支店までの道筋を念のため地元の人に確認しよう。ふとそういう考えが頭に浮かんだ。何しろ私は、午前中に痛い目にあっている。意識や思考力はだいぶ薄れてきているが、用心深さはまだ残っている。カウンターで私の会計をした若い女性の店員に「大共の養老支店はこの先を左でいいんですよね?」と尋ねてみた。まだ十代だったかもしれないが、さすがに高校生ではなかったと思う。
 きょとんとされてしまった。なぜだろうと思ったら、まず「ダイキョウ」がわからなかったらしい。大垣共立銀行のことだと言うと「そこにありますけど」と返事が返ってきた。は? そこは押越出張所という違う店で、養老支店というのが別にあるんだけど。苛立ちを極力抑えてこういう趣旨のことを聞くと、「ちょっとそこしかわからないです」と困惑しきったような表情で言われてしまった。地元の人なら大共が町に2つあることは知っているだろうに、少し知識が無さ過ぎないか。この人は遠方からバイトに来ているのだろうか。それとも若過ぎるせいか。知らないことを非難はしないけれども、疲れているのに、こんな無意味なやりとりは勘弁して欲しいと思った。
 まあ、疲れていたとはいえ、やはりこうしたことは基本的に他人に頼らずすべて自力で解決すべきであった、と今は思う。

 それでもどうにかレジで会計を済ませ、いよいよイートインコーナーにやって来た。そこで私は愕然とした。何だこれは!
 満席だったのである。入口入って左側にあるこの店のイートインコーナーは、レジからは見えない【注】。レジカウンターのうしろ側はバックルームになっていて、イートインはバックルームと外面ガラスとの間のスペース。そこに、ファストフード店にあるような四角い小テーブルが4つと、丸い回転イスが8脚置かれている。問題なのは、テーブルの配置が2つ×2つに分けられていたこと。だから、そこに4人しかいないのに、テーブルが4つ全部使われていたのだった。
 特に許せないのが、1組のカップルであった。こいつらは、2人でテーブルを2つ使っている。テーブルが2×2ではなく4つにバラしてあれば、2人で4人分取るようなことはなかっただろう。ふざけるな、1つにしろ。だいたい、カップルならもっとカップルらしいことをしたらどうだ。1つの飲み物にストローを2本挿して2人でチューチュー吸うとか。それならテーブルが1つ空くだろう。この場合、別の意味で許せない思いになりそうだが、今の私にはこちらの方がまだ数倍マシだと思えた。
 いずれにしろ、すっかりアテが外れてしまった。こういうのは、多くの人が使えるように、店がちゃんと管理していなくてはダメではないか。イートインはこのチェーン唯一の取り柄なのに。仕方がないので、酷暑の中を外に出る。店の周囲には腰をかけられるものがほとんどなく、駐車場の車止めが最も高い突起物であった。高さ15cmぐらい。こんなところに座るのは、ほとんど地べたに座っているのと同じである。
 食べ終わって片付けようとしたら、ちょうどそこに風が吹いて来て、弁当に入っていた緑色のバランを吹き飛ばされてしまった。腹が立っているので、気が付かなかったことにした。消化不良感だけが大いに残った。

51-1.jpg

 【注】このコンビニは2016年1月に同じ敷地内の北側に新築移転し、店内の配置も大きく変更された。旧店舗は現在コインランドリーとなっている。
posted by 為栗 裕雅 at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大垣共立銀 岐阜県海津市+2町完全制覇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ一覧(過去の連載など)
関西みらい(5)
単発(12)
告知板(24)
大垣共立銀 岐阜県海津市+2町完全制覇(62)
銀行めぐ2015冬 みちのく銀秋田県全店制覇(29)
りそめぐ2013梅雨 大阪市営バス“最長”路線[93]を行く(43)
りそめぐ2011晩秋 都営バス最長路線[梅70]の旅(57)
りそめぐ2008秋 「埼玉県民の日」に埼玉県内をめぐる 東武伊勢崎線・野田線沿線17店舗の制覇(51)
りそめぐ2009初秋 りそな銀千葉県内12店舗完全制覇(35)
りそめぐ2008夏 りそな銀東京都世田谷区4店舗完全制覇(8)
りそめぐ2008春 埼玉高速鉄道で帰省してみた(18)
りそめぐ2008秋 太平洋は青かった 茨城→北海道750km大移動/銀行めぐ2008秋 札幌市内4行4店舗完全制覇(20)
りそめぐ2008初秋 湘南セプテンバーストーリー(11)
りそめぐ2008冬 銀河に乗って知事選たけなわの大阪府へ(47)
りそめぐ2008夏 「近畿大阪めぐ」スタート記念 片町線・京阪線沿線25店完全制覇(51)
りそめぐ2007晩秋 関西デハナク近畿(60)
りそめぐ2008冬 人命の重さと意味を考える(12)
りそめぐ2007秋 「埼玉県民の日」に埼玉県内をめぐる(35)
2007年7月 りそな関西地区支店昇格5店完全制覇+α(43)
あさめぐ・最後の爆走 西日本地区15店+1店完全制覇(34)
2006年1月 りそめぐ「旧奈良銀店舗全店制覇」(53)
第四銀行めぐ 2005年(41)