2008年03月27日

2008.01.18(金)(8)拓銀杉戸支店のこと

 「本陣跡地前」の交差点角にある中央三井信託銀行の店舗は、かつて北海道拓殖銀行の店舗であった。1997年11月の拓銀破綻と中央信託銀行への営業譲渡を経て、拓銀の杉戸支店は中央三井の杉戸支店として現在も営業を続けている。これは特筆すべきことである。というのも、旧拓銀の本州地区の店舗は中央信託に引き継がれたのだが、三井信託銀行との合併を経て、ほとんど全てが廃店されてしまったからである。中央三井に残る旧拓銀店舗は石神井(東京都練馬区)とここ杉戸だけ。しかも、石神井支店は新築の再開発ビルに移転しているから、拓銀時代の店舗をそのまま使って営業しているのは、実に杉戸支店ただ一つなのである。本州地区の拓銀店舗は営業譲渡時点で59店あったのだが、中央三井信託銀行におけるシステム統合の総仕上げとして、2002年5月に47店舗が一気に廃店された。なお、杉戸支店は現在、信託銀行業界唯一の「郡部に所在する支店」となっている。
 都市銀行最小だった拓銀は、北海道と首都圏との二面作戦を敷いていた。北海道で預金を吸収し、資金需要の旺盛な首都圏で貸し出して収益を上げるわけである。拓銀の首都圏戦略は、すき間的な店舗展開での「ドブ板営業」であった。ライバルは(都銀他行ではなく)信金だ、とどこかの支店で檄を飛ばしていたと耳にしたことがある。
 その、すき間的な店舗展開の中で、埼玉県東部エリアを中心とする東武伊勢崎線沿線は、拓銀にとってはドミナント戦略らしきものが見られたエリアである。草加・越谷・春日部といった市の中心地は見事に外しているものの、周辺の小駅、場合によっては郡部に出店して、沿線をほぼ完全にカバーする。こうして、東武沿線には全盛期には千住(東京都足立区)・草加新田(草加市)・一ノ割(春日部市)・豊春(同)・杉戸(杉戸町)・宮代(宮代町:出張所)・栗橋(栗橋町)と拓銀の店があった。どんな戦略であっても、中心地を外していたのでは苦戦は必至と思われるのだが、杉戸は首都圏の拓銀店舗の中で非常に成績優秀な店舗であったそうである。

 本陣跡地の交差点角にある拓銀の店舗は、定礎石に「昭和50年1月吉日」と書かれている。かつての銀行建築には当たり前のようにあった店先の時計も健在、郵便ポストも設置されている。夜間金庫の投入口には小部屋がつけられていて、人目を避けられるようになっている。相当にサービス精神が旺盛で、また地域貢献しようとしている様子がうかがわれる。夜間金庫室の前には「明治天皇御小休止所址」なる石碑が建っている。
 駅前通りと目抜き通りが交わる交差点という好立地に加え、杉戸町でも非常に由緒正しき場所と思われる本陣跡地前の土地。拓銀はどうやって確保したのだろうか。1972年8月に開設された拓銀杉戸支店は、当初は杉戸町杉戸2-14-3に仮店舗を置いて営業していた。同じ交差点の向かい側である。1975年11月に現店舗(杉戸2-13-12)に移転したのだが、場所が定まるまで相当の長期間を要した。この場所の土地を持っているのはW家というそうだが、W家のお婆さんが、地元埼玉銀行への義理だてもあってなかなかOKを出さなかったのである。お婆さんは交渉の最終段階で、初代支店長のH氏に対して2つの条件を出したという。それは、支店長は杉戸を離れても息子の相談相手になることと、土地を貸す以上は末長く使うこと、であった。支店長は「わかりました。拓銀の将来については全く心配ありません」とキッパリ言い切って支店の土地を確保したそうである。
 中央三井で唯一、拓銀店舗がそのままの形で存続しているからこそ、このエピソードはホロリとくるものがある。もし他の支店だったら、H氏はお婆さんとの約束を果たせなかったことになるわけだ(「拓銀」は消滅してしまったが)。杉戸でよかった、と言うべきなのだろう。
 なお、中央信託への営業譲渡の際、告知のポスターにはイメージキャラクター「たっくん」の着ぐるみを着た2人の男子行員(中央と拓銀から1人ずつ)の写真が使われていたが、拓銀側の行員は杉戸支店の行員であった。

200801Saitama07_CM-Sugito.jpg
posted by 為栗 裕雅 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | りそめぐ2008冬 人命の重さと意味を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
カテゴリ一覧(過去の連載など)
関西みらい(5)
単発(12)
告知板(24)
大垣共立銀 岐阜県海津市+2町完全制覇(62)
銀行めぐ2015冬 みちのく銀秋田県全店制覇(29)
りそめぐ2013梅雨 大阪市営バス“最長”路線[93]を行く(43)
りそめぐ2011晩秋 都営バス最長路線[梅70]の旅(57)
りそめぐ2008秋 「埼玉県民の日」に埼玉県内をめぐる 東武伊勢崎線・野田線沿線17店舗の制覇(51)
りそめぐ2009初秋 りそな銀千葉県内12店舗完全制覇(35)
りそめぐ2008夏 りそな銀東京都世田谷区4店舗完全制覇(8)
りそめぐ2008春 埼玉高速鉄道で帰省してみた(18)
りそめぐ2008秋 太平洋は青かった 茨城→北海道750km大移動/銀行めぐ2008秋 札幌市内4行4店舗完全制覇(20)
りそめぐ2008初秋 湘南セプテンバーストーリー(11)
りそめぐ2008冬 銀河に乗って知事選たけなわの大阪府へ(47)
りそめぐ2008夏 「近畿大阪めぐ」スタート記念 片町線・京阪線沿線25店完全制覇(51)
りそめぐ2007晩秋 関西デハナク近畿(60)
りそめぐ2008冬 人命の重さと意味を考える(12)
りそめぐ2007秋 「埼玉県民の日」に埼玉県内をめぐる(35)
2007年7月 りそな関西地区支店昇格5店完全制覇+α(43)
あさめぐ・最後の爆走 西日本地区15店+1店完全制覇(34)
2006年1月 りそめぐ「旧奈良銀店舗全店制覇」(53)
第四銀行めぐ 2005年(41)